DINING雅

素材の良さが際立つ和風居酒屋│DINING雅

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  日本海の魚介類がおいしい理由

日本海の魚介類がおいしい理由

世界的にも幅広い魚の漁獲量を誇る日本。日本海側でもたくさんの魚が水揚げされ、おいしい魚介類が楽しまれています。なぜたくさんの魚が水揚げされ、おいしい魚を楽しむことができるのでしょうか。こちらではおいしい魚が水揚げされる日本海海域についてご紹介していきます。

潮の流れが影響している

日本海には南から暖流の対馬海流、北から寒流のリマン海流が流れてきます。魚たちにも生息しやすい環境があって、寒い地域を好む魚、
温かい地域を好む魚がいます。対馬海流・リマン海流がぶつかる境目を潮境といい、潮境ができる海域は南と北から泳ぎ着いた豊富な種類の魚がとれる漁場となっているのです。豊かな漁場で、いろんな種類の魚を楽しむことができる要因はここにあります。

また、寒流に含まれている栄養塩が暖流によって暖められ、植物プラントンが繁殖します。この植物プランクトンを求めて動物プランクトンが集まってきます。魚たちはこれらのプランクトンを栄養源としていますので、日本海は自然と豊富な栄養源を持った魚たちが集まる環境となっているのです。島根県沖でも対馬海流と深層の冷たい日本海固有水があり、幅広い魚が生息できる豊かな漁場があります。

日本海海域独特の作りも影響している

日本海海域では大和堆と呼ばれる海底山脈が海中にそびえるように連なっていて、起伏した海底が好漁場を形成する要因です。海底が隆起している部分を漁礁と言い、この部分にはたくさんの魚が集まってきます。隆起した漁礁にぶつかった潮の流れが海底付近に集まる栄養塩豊富な海水を表層水部分まで運びます。

これによって植物プランクトンが繁殖しやすい環境を作り出します。植物プランクトンが繁殖すれば動物プランクトンが集まり、それを求めて小魚が集まり、さらには小魚を求めて大きな魚が集まります。日本海は食物連鎖が盛んになる環境のため、たくさんのおいしい魚たちを味わうことができるのです。

日本海のおいしい魚を堪能するなら、ぜひ当店に足をお運び下さい。当店は出雲市にある和風居酒屋で、地元でとれた新鮮な刺し身をご提供しております。駅近の居酒屋なので、アクセスもしやすいです。飲み放題プランなどもご用意しておりますので、宴会にも最適です。
おいしい日本海の魚を味わえる居酒屋をお探しでしたら、ぜひ当店をご利用下さい。