DINING雅

素材の良さが際立つ和風居酒屋│DINING雅

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  二日酔いにならないお酒との付き合い方

二日酔いにならないお酒との付き合い方

新年会や友人との飲み会で、楽しくなってお酒を飲み過ぎてしまい、二日酔いになる方は多いのではないでしょうか。こちらでは、二日酔いにならない為のコツをご紹介します。

二日酔いはどうしてなるの?

お酒を飲んだら、肝臓によって「アセトアルデヒド」に分解され、その後、水と二酸化炭素になって体外に排出されます。しかし、肝臓の許容値をこえる量のお酒を飲み、アセトアルデヒドが体内に残っていることで、二日酔い特有の頭痛や吐き気などの症状を引き起こすのです。また、アルコールには利尿作用があるため、お酒を飲むと水分をとっているつもりでも軽い脱水症状に陥りやすくなります。脱水症状になると体内の水分量が変化し、それに伴い脳に加わる圧力が変化して頭痛などの症状を引き起こすと考えられています。

二日酔いにならない為に

お酒を飲む前、飲んでいる間の対策がポイントです。空腹だと酔いやすくなるので、お酒を飲む前に軽くなにか食べておきましょう。消化に時間がかかるヨーグルトや牛乳、お米などの炭水化物はアルコールの吸収をおさえるので二日酔い対策におすすめです。お酒を飲んでいる間は脱水症状対策として、こま目な水分補給を意識しましょう。

お酒を飲んだら、同量の水を飲んで脱水症状を防ぎます。他にも日本酒やカクテルなど種類が違うお酒を飲むと、ご自身が飲んだお酒の量が把握できなくなり、飲み過ぎてしまうので注意が必要です。新年会などで飲み放題の際は気をつけましょう。二日酔い予防のポイントは、ご自身のペースでお酒を飲み、適量飲酒を心掛けることです。

出雲市で新年会や忘年会などの計画をたてている方は、ぜひ当店をご利用下さい。当店は出雲市駅から徒歩圏内にあり、地元島根の魚や野菜を使った刺し身、小鉢、煮物など味も見た目も楽しめる料理を提供しており人気があります。また、ビールや日本酒、カクテルなどお酒の種類も豊富です。団体様でのご利用の際は、スムーズなご案内ができますように事前のご予約をお願いいたします。